個人的ミーハー雑談


by fumishow
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Dear my lovers ' LOVE ROCK 25 '

毎回、書いてますが…
やっぱりROLLY王子は、最高にステキです。
今夜のカラーコンタクトは、吸い込まれてしまいそうなブルー。
その美しさが、あまりにも強烈な印象で、fumiのココロを掴んで離しません。
ROLLY王子の美しさ以外にも収穫がめっちゃ多かった
「La.mama 25th anniversary LOVE ROCK 25」でぇ〜す☆

OPENING ACT.に「MUSTANG 78」というバンドが出演していました。
以前、木更津のライヴハウスにROLLY王子を観に行ったときの
OPENING ACT.のレベルとは格段に違いました。
OPENING ACT.って大切ですね。
そのイベントが、途中で帰りたくなるものなのか、
それとも終電過ぎても帰りたくなくなるものなのか、
それを決める大切な要素だと思います。
でも…ヴォーカルの松井ジュンさんが、前に勤めていた会社で同僚だった
N藤氏にそっくりで、それだけで親近感。
うん、でもカッコ良いバンドだなぁという感想です。
オーディエンスの盛り上げ方も格段に上手。(木更津イベント比)
特に「流れ星」という歌は、王道のバンド・バラードって感じだったけど
ストレートな歌いっぷりがスキでした。

それから2番手の「KARIBOW & Strange Bed Fellows」。
「ROLLY目当てのお客さん、若干、気持ち悪い感じでごめんなさい」とか
おっしゃっていたけど…いやいや。
fumi的には、結構スキ顔で(姉のテポちゃんは「はぁ?」って反論してたけど)
特に口元が氣志團の綾ちゃんに似ていて。
えくぼが出来そうな、ふっくらとした黒木瞳系の口元の男性がスキなんです、fumiは。
それより何より、詞がスキだったなぁ…エロいけど。
何か、ヴォーカルのKARIBOW氏が、昨日バースディだったらしく
♪ハッピーバースディを皆に歌ってもらった後で、
ジワッときたのかわかりませんが、言った一言が最高にソソりました。
「ものすごいエロいコトを考えながら、歌いますっ!」
…セクスィ〜ね。
そゆこと言う46歳(マジッ??)って。
何か、バスタブでレモン香のバブルに包まれたオンナの人に、
オトコの人が突然キスして…
みたいな感じなんだけど、爽やかにハッピーエロ風の歌でスキでした。

そしてそして、待ってましたの鳳啓介「SPIDERS WITH ROLLY」!
何か、出てきて始まる前に楽器をチューニングしている姿を見てたら
吐き気をもよおすバンドの雰囲気でしたが。
始まったら、コレが最高に愉快っ!
第一声が「温暖化ぁ〜!」ですよ。
で、寸劇しながら、昔の名曲ロックを日本語詞に訳した曲を歌って。
もうぅ〜本当に最高。
そして、その寸劇の中で「LR25」という人造人間役に
仕立て上げられたROLLY王子…。
ROLLY王子が出てくると、そんな面白寸劇も、ギュインギュイン鳴るギターに
到底かなわない感じでしたが。
本当に何であんなに格好良いんだろう。
ROLLY王子のお父様、お母様に、感謝します。
それくらい、fumiにとってはROLLY王子に出会えたコトが幸せ☆

ライヴハウス「La.mama」様、25周年、おめでとうございます!
またROLLY王子を呼んでください、そしてfumi達ROLLY様のファンも。

そうそう、帰りのスペインバルでの姉テポちゃんとの話題は…
「今夜のROLLY王子のとまどい」でした。
あの寸劇を、本番直前に聞かされて、ヒトの良いROLLY王子は
「ロックの前にそんなキテレツ寸劇、出来ないよう〜」と言いたい気持ちを、
ドMっぽいウッキーこと右近さんに向けようとした、その時っ!
右近さんが「変態オンナ」と呼ぶ、もう1人のヴォーカル…
(…名前は出てきませんが…)彼女からROLLY王子に一喝!
「あ、やってもらいますから。いつもやってるんで」
……シーン……みたいな。
そんな場面が思い浮かびました。
きっとヤケになったであろうROLLY王子が、キテレツ寸劇の中で
「ママン〜」とシャウトしたんだろうと。
でも、fumiは、あの「ママン〜」に「激萌えぇ〜☆」でした。
(ウプッ…自分、気持ち悪っ!!)

c0038931_14302956.jpg


↑ ヒトには言えないけど、スキになりかけている「KARIBOW」
[PR]
by fumishow | 2007-05-01 23:00 | event